[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
今日の東京は久しぶりに雨が降り続きました。
ところが向かいのクリスチャンセンターでは『夜宴楽』なるものが密かに開催されていました。ミグミグの佐藤貢さんがPAを勤めるのと、荒谷みつるさんも出演するということなのでちょっと覗いてみると、なんと200人以上の人が詰めかけていました。それは何故かっていうと元サムシングエルスの大久保さんが出るからなのです。やっぱりメジャーってすごいです。

コンサートは荒谷さんのソロでスタートしました。
061226.jpg

ちゃっかりトークもやってます。そのあと阿部飛鳥さんも登場し、ご存知「ナチュ」の演奏も披露してくれました。
061226-2.jpg


そーいえば仕事中なのを思い出し、メインはそこそこにして戻りました。

今日はなぜそんなことを書いたかと言いますと、パシフィックオーディオも明日、今年最後のイベントがあるのです!もっともっと近くで、荒谷さんの生演奏がじっくりと聴けるんですよ!

明日、お時間を作ってぜひ聴きにきてほしいです。生演奏イベントは癒されます。ASWスピーカーもじっくり聴けるので満足感たっぷりですよ!詳しくはこちら。

これは昨年アクセサリー館で実施した時のお気に入り写真です。


追記ですが、ナチュのPVをオーディオユニオンで撮影した時に特別ゲストで登場したチュートリアルの徳井さん、M1グランプリ、おめでとうございます。このPVは関東ではほとんど見れないからプレミアもんかも。
この秋発売され、超話題のJBLのエベレストを目一杯鳴らすべくオーディオユニオンでシークレット試聴しました。BDRを使って足元を固め、SUMIKOを使ってアナログもガンガン鳴らしてみました。さてその結果は。。

写真の通り、エベレストはBDRのJUMBO PITSで固めました。まずは何も設置しない時の音も覚えておいてください。部屋の状況や機材の相性により良し悪しはありますので。ちなみにエベレストはスパイクが付属しており、4点支持になります。スピーカーの振り具合ですが、最初は正面、音を聞きながら少しづつ内振りにしてみました。
   


もっと近くで見てください!一本142kgありますが、JUMBO PITSならびくともしません!BDRのJUMBO PITSはまさにエベレスト用という位マッチします!使用前に比べて低域の締まり具合、力強さが増します。これはエベレストを買った方はもれなく同時購入って感じですよ!
   


エベレスト発売当初からアナログで鳴らしてみたかったんです!SUMIKO、SHURE、光悦で比較しました。レコードはBLUENOTEやボサノヴァ、私の好きなCHICやDONA SUMMERなんかも再生してしまいました!小型スピーカーでは体験できない体全体で感じる音です。腹にズシッとくる音ですね。
   


エベレストは往年のファンを満足させる躍動感ある楽しい音なのですが、現代風とも言える微妙な音作りだと感じました。アナログ再生の場合音抜けが今ひとつでしたが、これはスピーカーのせいではありません。カートリッジは改めてフォノイコライザーとの相性が大きいなぁと感じました。これは気付かない場合も結構ありそうです。また組み合わせるアンプにもよると思います。エベレストは勿論申し分ありません。素晴らしい力を秘めています。CDならもっと難なく鳴りますから。

最初に帝国ホテルで聴いた時は、ポンと置いただけでもそれなりに鳴りそうだなとか思いましたが、セッティングにより、秘めた力をもっと引き出せると思います。 2~3時間のセッティングで収まるシロモノではありませんでした。また挑戦したいと思います。
それでは静岡すみやさんでのイベントのご報告をいたします。

試聴室はそんなに広くはありませんが天井が高く良い響きでした。特に音響対策はされていないそうですが、過去のどの試聴室よりも付帯音が少なく、スッと溶け込む感じです。前回のイベントでは低域のもやもや感が気になっていたので、BDRのボードとインシュレーターを使用してみましたが、部屋との相性もあってか見事に締まりすぎた感じです。

やや低域の量感が失われてしまいましたが、音量をどんどん上げたくなる良い感じで鳴ってくれました。アンプは今回GOLDMUNDのMIMESIS330MEを使用しました。

   

たとえオーディオの試聴室であってもほんとに部屋の状況によって鳴りっぷりは変わるもんです。難しいです。さて試聴会の方ですが製品解説はほどほどにして、今回もなるべく多くの曲を聴いて頂きました。アンケートのご回答では「鮮明で聴き易い」「高域が綺麗で柔らかい」「歯切れが良い」等のコメントを頂きました。

中盤はプロデューサーの佐藤貢氏からSACDの解説と比較試聴。通常CDとSACDの音の違いにビックリ!その後は荒谷氏のギター解説です。解かりやすい説明に皆様納得。休憩時間もそこそこに後半の生演奏が開始され、じっくりとご堪能頂きました。新曲も披露され充実した内容でした。

  
 
イベントを終えたASWとMartinのギター。今回も良く鳴ってくれました。
そして帰り道の市役所前のネオン。夜はひんやりとしていましたが、東京とはまた違った空気を感じることができました。

   

ご来場頂いた皆様、ありがとうございました。次回をお楽しみに!
12/3(日)に静岡のすみやさんでASWスピーカーの試聴イベントを行います!
当日予約なしでもご覧になれますのでぜひぜひ、ゆっくりと音楽を楽しみにお越しください!

予告はこちら


■では追加情報です。

折角なのでスピーカーベースには、現在生産休止中で幻のオーディオボートとなっている米国 BDR(Black Diamond Racing)社のShelfを使います。スパイク受けにはMini Pitsも使う予定です。

061201.jpg  061201-2.jpg




ケーブルはZU CableのWAXやGEDEMK2なんかも使います。

実はZUは密かに試聴レポートもアップしました。ちょっと褒めすぎじゃないかと思いますが、これがZUの説得力です!ご協力頂いた方々、本当にありがとうございます。

ZUといえば、本国サイトのブログで面白い物を見つけました。「YOU TUBE」にPVを投稿していることを紹介しています。11/21の書き込みから直接見れるのでぜひ覗いてみてください。
http://www.zuaudio.blogspot.com/
ギタリストのDan Weldonさん、シブいです。


更に、準備中だった「b-side」が開通していて、私の写真も写ってます。さあ、どこにいるか分かるかな?


061201-3.jpg




パシフィックオーディオのトップページもちょっと変えてみました。どうです?かっこよくなりました?

そして、12/3(日)は静岡のすみやさんに行きましょう! お待ちしてます!
静岡県近辺の方に朗報です!

詳細をパシフィックオーディオサイトに載せました。

「ASWスピーカー」と「荒谷みつる」さんの生演奏イベントが決定しました!

■日時 12月3日(日) 14時~16時
■会場 すみやサウンドギャラリーりぶる

繊細で緻密なASWスピーカーの新製品、GENIUS300と荒谷みつるさんの生ギターをぜひお楽しみください。詳細情報は順次追加します。皆様のご参加、お待ちしています!

■ご予約、お問い合わせはお気軽に以下へ。

すみや本店 サウンドギャラリーりぶる
担当:遍照(へんじょう)氏

営業時間 平日/AM 11:00~PM:7:00
土・日・祝/AM 10:00~PM7:00

〒420-0031 静岡市呉服町1-5-13
すみやアネックスビル1F
TEL.054-251-1231 FAX.054-254-2329
E-MAIL.ae@ims.sumiya.co.jp

テスト導入で効果を検証してきたVIBRAPODを新発売します!

CDプレーヤーやアンプの下に敷くだけで、色付けすることなく余計な振動を取り去り、よりクリアで濁りの無いサウンドをお楽しみ頂けます。オーディオ機器の重量によって各種組み合わせることが可能ですので、色々な効果をお楽しみ頂けます。価格は4個セットで税別2,980円と大変リーズナブルです。



オーディオ評論家の福田雅光先生にも高い評価を頂きましたので自信を持ってお勧めできます。レポートは今回のオーディオアクセサリー123号にも紹介されています。ぜひご使用ください!
この度ZU CABLEのパッケージが新しくなりました!
この話は過去にも何度かZU社と話し合ってきましたが、それによる値上げはしたくありませんでしたし、やっぱり中身で評価してほしいですから見送ってきました。

ところが今回ZU社の好意によりパッケージ変更が実現しました。おしゃれになったかどうかは見る人次第ですが、店頭でも目立つようになりました。見かけた時はぜひ手にとってみてください。

もうひとつお知らせです。スピーカーケーブルのSaint JULIANオーディオ銘機賞2007を受賞しました!嬉しいです!ケーブル選びの候補にぜひ加えてください。

最近は一般ユーザーの方からもZUに関するレポートが色々と寄せられています。近々公開しますのでお楽しみに!
mFでも最近商品が充実してきてます。ぜひチェックを!

最近は「月イチ更新なの?」とかイヤミを言われ続けていますが、気を取り直して本題に行きます。
10/28(土)、久々にミグミグと合同イベントです!しかもDENONさんも合同です!更新をサボってる代わりに写真を増量サービスで解説しましよう!

今回のベストショット!リハ中の荒谷みつるさん。頭の中ではきっと「あ~腹減った」とか考えているに違いありません。隣はプロデューサー兼エンジニアの佐藤貢さん。結局みんなでお昼食べたのは5時過ぎでした。(写真はちょっと渋めの色にしておきました)
  

続いてリハ中の阿部飛鳥さんと荒谷みつるさん。フルートの生音を始めて目の前で体験した私は本当に驚いてしまいました。こんなに柔らかくて深い音が出るとは思いませんでした。低音も良く出ています。今日はもうこれだけで充分!っと思ってしまいました。右側は本番中です。笑顔を装っていますが飛鳥さん曰く結構緊張したそうです。
  

オーディオはまずDENONの中村さんの解説です。製品説明は解かりやすく、皆さん熱心に耳を傾けていました。アンケートでも同社製品の注目度の高さが伺えました。右は解説中の筆者。ASW GENIUS300を目的で来て頂いた方も多く、感謝です。今回は生演奏を控えていたので技術的な解説は少なくし、とにかく音楽を楽しんで頂きました。スピーカーはスパイクを付けた状態でカーペットにそのまま設置しました。部屋の環境はちょっと低域がこもるボコボコした感じだったので対策したかったのですが、ちょっと時間が足りませんでした。
  

今回のもう一つの発見は佐藤さんが持ち込んだ、マルチ音源の素晴らしさです。CDに記録された媒体より当然音は良いと予測はしていましたが、物凄い説得力がありました。主にセンターはフルート、左右2chがギター、リアでエコー成分とパーカッション類という感じでした。この生々しい音は他では聴けません!佐藤さん、すごい!

さあ、お待ちかねの生演奏です。予告通りマイクを使用しない完全な生演奏です。この広さですから音量的には問題ありませんでした。フルートとギターのバランスは心配していましたが、違和感無く聴けました。この規模であれば、断然生音がいいですね。ただし、演奏中は余計な音を出さない為にエアコンはストップ、蛍光灯も最小限です。
  

会場に設置したASWコーナー。手前はこの冬発売予定の新製品ASW 「OPUS-M/06」詳細はまた後日。右側はおまけでNachu「雲の上はいつも青空」の次回プレス分に同封されるASWの広告写真です。この二人はいつも穏やかな感じがしますよね。

  

イベント関係者の皆様、本当にお疲れ様でした。今回来れなかった方、本当に残念です。貴重な体験を逃しましたねぇ!次はぜひぜひお越しください!
オーディオユニオンお茶の水店で行ったGENIUS300の試聴報告です。
国産のFLYING MOLE社のアンプと相性が良いと聞き早速使ってみました。
SACDプレーヤーはレスポンスが良く使いやすいESOTERIC。
スピーカーは新発売のASW GENIUS300
スピーカーケーブルはZUのSAINT JULIAN、ラインケーブルはGEDE MK2を使用しました。

■FLYING MOLE (いずれも今秋発売の新製品です)
・プリアンプ PA-S1(168,000円)
・デジタル・ステレオ・パワーアンプ MA-S160(168,000円)
・デジタル・モノラル・パワーアンプ DAD-M310(1台99,750円)

■ESOTERIC
・SACDプレーヤー SA-60(462,000円)

■ASW
・2WAYスピーカー GENIUS300WN(ペア298,000円)

スピーカーはスパイクを付けた状態で受けは使用せず、直置きにしました。ボードの使用はまず何も無い状態で確認してからが良いと思います。また、試聴距離があまり取れない為左右の間隔は1.0m位にしました。では早速聴いてみましょう!

まずFLYING MOLEのPA-S1とMA-S160の組み合わせです。コンパクトですが、音はしっかりしています。中高域にかけては癖が無く伸び伸びと鳴ります。低域の再現性は多少強調され、ボコボコした印象を受けました。スピーカーとの相性にもよりますがもっと小型で量感が不足しそうなスピーカーには良いと思います。



次にパワーアンプをモノラルのDAD-M310に変更してみました。予想ではもっと太い音になるかと思いましたが、ずっとすっきりとした音になり驚きました。音楽の再現性にも深みが出てきました。



簡易セッティングなのでアンプの下にSYMPOSIUMのウルトラプラットホームを敷いてみました。予想通りですが、改めて足元を固める重要さが解かる変化を見せました。窮屈な感じが取れ、解き離された様に音離れも良くなりました。



GENIUS300は頑張って鳴ってる感があります。ウ~ム、スピーカーの存在が無くなる域までは行かず残念。鳴らしこみとセッティングで改善の余地ありなので改めて挑戦したいアンプです。



ここで調子に乗ってGOLDMUNDのコンパクトなステレオパワーアンプ、SR-POWER(315,000円)に変えてみました。オオッ!これはすごい。比較してしまうと申し訳ないのですが更に一皮剥けた様なクリアなサウンド!躍動感と艶っぽさが出てきました。



更にモノラルのSR M250(980,000円)へ・・・これ以上コメントは不要でしょう。。 



見落としてましたが、ASWはGOLDMUNDと相性が良いです。特にSR-POWERは価格の面からもお勧めできます。もう中古でしか手に入りませんが。。

何だか何の試聴レポートか解かんなくなってしまいましたね。もっとしっかりしたやつも書きますね。そのうち。。

試聴ソフトはJANE MONHEIT、SHAHAM、JACINTHAが良い感じでした。GENIUS100よりゆったり聴けてバランスも良い気がします。特にヴォーカルや生の弦の音、ピアノは抜群に良いですよ。お茶の水店でいつでも試聴が出来ますのでぜひお立ち寄りください。

別件ですが、明日はお茶の水ハイエンド中古館でおもしろいイベントがあります! 「アナログで聴くクラシック名盤の夕べ」 結構貴重だと思いますのでぜひ参加してみてください。

では良い週末を!
昨日はイベント準備の為、DENONの中村さんとmigmig佐藤さんで集まりました。
実はイベントでSACDの5chマルチの再生も企んでいるので、まずはASWで試してみようということになったからです。

アクセサリー館をお借りして、AVアンプはAVC-3920、マルチプレーヤーはDVD-1920を持ち込んでセット。スピーカーは新発売のASW GENIUS300を4本とGENIUS100を1本使用!本当はGENIUS300を5本用意したかったのですが品不足なのでやめときました。実際は単品販売可能ですから5本でも7本でもオーダー可能です。



音色の感触を確かめる為なのでセッテイングは追い込みませんでしたが、今更ながら5chマルチの音にはちょっと戸惑いました。違和感があるのです。普段2chでばかり聴いているからでしょうか?セッティングを調整したり、2chと聞き比べたり色々と試み良い意味で「こうゆうもんなんだな」と思うようにしました。

ズバリ2chでは味わえない立体的で奥行きのある空間を体験できます。聴感上の違い(どのような定位のさせ方、高さ感、おかずのちりばめ方等)はソフトによって異なるのでエンジニアのセンスが問われると思います。総じて言えるのは少スペースでも広がりが増すのと同時に、センタースピーカーの力で定位感を保つような感じです。立ち会った人全員が5本のスピーカーに耳を近づけてどんな音が出てるか確認していたのが笑えます。

SACDマルチのソフトをお持ちの方はぜひ5chもお試しください。楽しさが広がります!
小型スピーカーの買い増しをお考えの方はmFで特集が始まったのでチェック!

実はその後で通常CDとSACDの2chの音色の違いに納得が行かなくなってしまい(どっちがいいのか)、機材を変えて何度も何度も聴きなおしてしまいました。。この話はまた今度。

遅くなりましたがGENOUS300の試聴記は明日ご報告予定です!イベントの詳細もそろそろ。。お楽しみに!
Template by Crow's nest