[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
遂に英国紳士の二人がやって来ました!
日本で言う代表取締役のPaul Stephenson、アジア地区営業担当のDavid Ameyの2人です。
Davidとは昨年一度会っていますので再会になります。相変わらずでっかくて本人曰く「典型的な英国人」です。Paulとは初対面ですが、何と日本は初めてとのことです!とても親しみやすい方でした。

naim、ネイム社の名前の由来、ご存知ですか?
ヘブライ語で(ナイーム)「心地よい、気持ちがいい」という意味ですが、これは後からくっつけたそうです。本当は会社の名前を決める時、スタッフが5人集まって紙に社名候補を書き込み、それを集めた時共通していたのは.. そうです。一番上に書いた「name」だったのです。それをもじって「naim」になりましたとさ。

皆様、知りたいことはいっぱいあると思います。私もいっぱいありますし、音も毎日聴いて色々と勉強しています。情報はその都度公開して行きますが、とりあえず彼らの訪日の頑張りをご紹介しましょう。私はとってもキツいスケジュールを組んでしまいました!


まずは音楽之友社!月間ステレオの取材です。ライターの田中伊佐資さんが気を利かせて旧モデルが沢山掲載されている雑誌をまず見せてくれました。これで一気に打ち解けて話が弾みました。写真はNAC202(プリ)とFLATCAP2x(パワーサプライ)の接続を解説している所です。パワーとシグナルが一緒のケーブルで伝送するのはどこへ行っても疑問視されますが、同社曰くこっちの方が音がいいから。。とさらり。
今回の訪日で彼らの頑固さは随所に見られました。未だに全て英国の社内生産に拘り続けていることに納得してしまいます。ちなみにNait5i(プリメイン)のフォノ仕様の発売は今の所ありません。フォノステージを使ってください。その方が音がいいから。。
070605-1.jpg  070605-2.jpg


続いて、音元出版へ訪問しました。オーディオアクセサリー誌編集長の伊佐山さん、知る人ぞ知る岩出さんが取材に応じてくれました。つい昔話に花が咲いてしまうんですよね。でもちゃんとPCを使って最新情報の話もしてきました。
070605-3.jpg  070605-4.jpg


今度は勉強会です。基本情報のおさらいですが、DINケーブルには方向性があります。ラベルが出力側です。設置は断然専用ラックのnaim Fraimがお勧めです。そうはいかない場合、重めのボードを使うと音がどっしりと落ち着きます。
配置はCDプレーヤーとパワーサプライは一番遠ざけるのが基本です。左右に設置するのであれば、デジタル、アナログを別ける設置をお願いします。これは他ブランドに対しても言えることです。
ボリューム類のつまみが左側にあることに関しては、特に意味は無いそうです。また、naim製品はRCA端子も装備していますが、断然DIN接続推奨です。naim曰くDINケーブルの方が音がいいから。。 個人的な比較では音の差は微妙ですが、DINの方が重心が低くなります。
電源スイッチが背面にあるのは、常時電源ONを推奨しているからです。最適なパフォーマンスまでには最低30分~1時間だそうです。私も実感済みですが、これは個人の判断にお任せします。

今回思い知ったのはパワーサプライやCDのアップグレードです。FLATCAP2xやCDX2も持ち出して試しましたが、音の違いがほんとに解かり易いのです。補足でCDのピックアップは全てPHILIPSメカです。
アップグレードの話は今度詳しく。

070605-5.jpg  070605-6.jpg


翌日はステレオサウンドです。お馴染みの小野寺編集長と評論家の三浦孝仁先生の取材です。三浦先生の英語は堪能でびっくりしました。naim製品のアップグレードの話で熱くなっていました。

070605-7.jpg  070605-8.jpg



最後は共同通信社のオーディオベーシックです。評論家の細谷先生の取材です。やはりまず昔話から入ります。これはやむおえません。穏やかな雰囲気で進行しましたが、以外に細谷さん、好きなこと言ってます。励みになったのは、ネイムの名前は日本で浸透しているが、アップグレードは全く浸透していない。時間が掛かってもこれは広めていって欲しい。という一言です。その通り!

naim Fraim にもかなり興味を持たれていました。このラックは6段位までスタック出来、高さも3段階からそれぞれ選択することが出来ます。カラーも3種類から選択できます。パシフィックオーディオのサイトにももう少し詳しく記載しておきますね。ちなみにスパイク受けは別売りです。交渉しましたが付属にはしてくれませんでした。「スパイク受け」の意味がなかなか通じず困りましたが、英語では「フロアプロテクター」だそうです。

最後に記念撮影でめでたしめでたし。

070605-9.jpg  070605-10.jpg


その他の情報としてはDINケーブルのHi-Line、スピーカーケーブルのNAC A5は輸入の予定です。naimのコネクティングの考えは、がちがちに固めず、余計な振動や電気ノイズを逃がすという考えを持っています。よってHi-Lineはロックしないで接続する形状になっています。アンプやCDのコネクターがぐらぐらしているのも不良ではなく、そういった考えだからです。

スピーカーの話は次回しようと思います。

Paulが繰り返し言っていたnaimの音とは..
オープンでダイナミック! スペックではなく、楽しい音を聴いてください!
付け加えるなら「ぶっとい音」をぶっとく鳴らしてあげましょう!です。

製品情報をぜひご覧ください。情報は追加して行きます。
「ハイエンドショウ東京2007春」が5/11から開催されました。
残念ながらパシフィックオーディオは出展しませんが、勝手に「お茶の水会場」と称し英国「naim」のプレリリースを実施しました。14時からのハイエンドショウ視察の後、一気に準備して16時からの開催としましたが、慌しさ満点の一日でした。

メイン展示はnaimのプリメインアンプのnait5i、CDプレーヤーのCD5iです。今回はASWと組み合わせましたが推奨システムということではなく、すっきりとした音色が好みの方にお勧めです。定番的組み合わせはB&W、HARBETH、KEFあたりになると思います。naimっぽく鳴らすのかそうでないかで選択するスピーカーは変わってくると思います。
  

気になるnait5iの音色は基本的にnait2に近いです。導入前に色々な状況でnait2と比較試聴は行ってきました。結論としてnaimらしい音で、しかもnait2に劣らない魅力を持っているからこそ導入した訳です。勿論nait2の魅力は捨てがたいです。その辺は解ってます。解ってください。大きな違いはサイズとRCA入力の充実、リモコン操作です。フォノイコは内蔵されていません。今後の可能性は探って行きます。

どんなスピーカーを使ってもnaimっぽさは残ります。このプリッとした厚めの低域は健在です。往年の音は肯定しつつ、新しい楽しみ方も色々と提案して行きます。相性の良さそうなスピーカーは想定出来ますが、試聴会等で比較試聴等も実施して行きますのでお楽しみに。

以外と重要なのは専用ラックです。かなり高額になるのでどうかとは思いましたが、使用するにつれ、naimを生かすにはぴったりで不可欠ではないかと思わせます。フレーム、ガラスのボードは両方3点支持です。naimの筐体、特に天板は重くしっかりしているので外部の影響は少ないという考えもありましたが、nait5i、CD5iの微妙な本体重量は使用するオーディオボード類の威力を発揮させる最適な重さなのではないでしょうか?なのでnaimを使用する上で、ラックやボードの選択、使い方、セッティングは以外に重要だと思います。



下の写真はNAC202、NAP200、CD5Xの組み合わせです。ほんとに力のある音です。ほんとはここからがネイムオーディオなのかなと思わせます。ちなみに足元は生産を再開したBDRのボードで固めてみました。
  


同時に比較試聴機に「ミスティル」の真空管アンプを使いました。やはりハイエンドショウでデビューした素晴らしいアンプです。元ゴールドムンドのチーフエンジニアが開発に携わっています。詳細は取扱の「バック工芸社」のサイトで。

なぜこれを持ってきたかというとZUのDRUID4を鳴らす為です。高能率でスピード感、自然な表現は真空管アンプで威力を発揮します。naimの話とは反れてしまいますが、この音もぜひ聞いて頂きたいです。
  


これはお茶の水アクセサリー館の会場の様子です。先程と同じ機材なのかと耳を疑う程音が変化しました。部屋の状態で音が大きく変わるのはイベント等でいつも実感していますが、今回の違いも大きかったです。同店カリスマ店長の松浦氏がセッティングを手がけると更に生き生きした楽しい音に変化しました。両サイドのルームチューニングの影響も大きいです。
  

ご来場頂いた皆様、本当にありがとうございました。新しいネイムはまだ始まったばかりですが「ハイエンドショウより楽しかった」というお言葉は本当に嬉しかったです。励みになります。

これからもお客様の声を生かして行きたいと思いますのでよろしくお願いします。月末にはnaim担当者が訪日予定ですからご質問等あればご相談ください。
ZU社代表のAdam Decaria氏が訪日しました。2005年にSean Casy氏が訪日して以来ですので2年ぶりになります。スキンヘッドの彼は「怖いかも」と思いましたが、気さくでまじめで接し易い人でした。
今回はmigmigのレコーディングサポートという名目もありますが、ZUの良さを世に広める為、私も頑張りました。

■3/26(月)
ZU社Adamと田園調布へ引っ越したStudio migmigへ訪問しました。
AdamからStudio migmig用特別ケーブルが手渡され、マイクや録音技術、セッティングに関して意見交換されました!次回作はZUケーブルを使用してレコーディングされる予定です。その様子を「サウンドデザイナー」誌が取材してくれました。

・アダムと佐藤氏               新migmigの様子
0326-1.jpg  0326-2.jpg


■3/27(火) 佐藤さんと荒谷さんが通った日吉のヤマハ音楽院に訪問。
スクールの許可を得て「月間ステレオ」誌の取材。評論家の村井裕弥先生がインタビュー。
ZU社の歴史、個性、製品のコンセプト等が取材されました。
午後は村井先生宅にちゃっかりお邪魔して、システムの試聴、情報交換を行いました。

0327-1.jpg  0327-2.jpg

0327-3.jpg  0327-4.jpg

0327-5.jpg  0327-6.jpg


■3/28(水) 秋葉原の音元出版に訪問しました。
評論家の林先生に取材頂きましたが、個人的にZUに大変興味をもっていらっしゃるとのことから、熱心な取材となりました。MOBIUS2も気になっている様子。荒谷氏の生演奏も披露され同氏のプロモーションにもなりました。
午後はアクセサリー館をお借りして、ZU待望のスピーカー「Druid Mk4」のセッティングと試聴を行いました。セット直後からお客様からの質問攻めに。。

・写真の「Druid Mk4」 色はマセッラッティブルー。かっこいいです!
従来のスピーカーのセッティングと異なり、部屋のコーナーに設置する想定で設計されています。それにより素晴らしい定位感と、部屋をより広く使うことが可能です。何も足さず、何も引かない、驚くべき自然な音色!しかもエネルギー感溢れる素晴らしいパフォーマンスです!詳しいスペックと価格は後日発表します!

0328-1.jpg  0328-2.jpg

0328-3.jpg  0328-4.jpg

0328-5.jpg  0328-6.jpg



■3/29(木) ミーティングの様子
スピーカーの思想、ノウハウについて詳しく説明

0329-1.jpg  0329-2.jpg

この春の新製品のひとつに「druid credenza」というスピーカーがあります。話題のオールインワンコンポに目を向けた製品で、オーディオ銘機賞特別賞を受賞したAURAのNOTEとセット提案されています。こちらの発売もお楽しみに!
ZU社の、現状に留まらない常に新しい製品開発、姿勢には共感します。
ZUのBlog Spotにも今回の紹介が載っていますよ。

最後に、MOBIUS2の発売を心待ちのお客様には、発売が遅れてしまい本当にご迷惑をお掛けしました。
Adamも日本に来てお詫びをされました。発売と同時に価格改定となってしまいますが、他に変え難い製品の価値を理解してくださいとのことです。実は1本作るのに相当時間が掛かっているらしいです。
本当に申し訳ございませんでした。もうじき発売です。。
先日お話したZUのプロ仕様ケーブル、ミグミグバージョンが出来ました!
エージングがちょっと大変そうですが、新しいスタジオで使用される予定です。

右の写真はマイクスタンドにBDRのインシュレーターをセットした写真です。
以下佐藤氏のコメントです。。
「最近は色々試し、THE PITSでは締め付けが強くなり過ぎる事時に、3本足のうち、2本を THE MINI PITSにし、1本を THE PITSにしたりしています。THE MINI PITSの方がコントロールしやすい気もします。
ヴォーカルにはvibrapodが声が柔らかくなり良い感じです。」 

ということです。オーディオでは音が激変するアクセサリー達は、レコーディングスタジオでも絶対に変化します。アーチストが意図している方向から踏み外さない程度が難しい所かもしれませんが、色々と試す余地はあります!

  

こちらは遂に発表となったSennheiserヘッドフォン用ケーブル、「MOBIUS2」です。
旧モデルをリリースした時は、本当にゼンハイザーファンって多いんだなあと実感しましたが、多くの方から良い評価を頂き、大変嬉しく感じました。私の使命としては、そんなユーザーの声をメーカーに伝え、不満な点は製品の改善に役立ててもらうことです。今回ZUも期待に応え、NEWモデルは大変良い仕上がりとなりました!
  

音質的クオリティは正に熟成された感があり、地に付いた音色を聴かせます。
ケーブル自体はオリジナルに近いしなやかさ、細さを実現し、取り回しが気にならなくなりました。一度手にしたらもう手放せない逸品です!
右の写真はHD600と650でテストしてる所です。端子の装着感もアップしましたが、多少の個体差はあるようです。無理にねじ込まないでくださいね。折れます。

  


発売記念としてMOBIUSユーザーの為に下取交換も用意しています。取扱い販売店へご相談ください。

製品の詳細はパシフィックオーディオのサイトで。


次回は各専門誌の試聴レポートで高評価を得ているASWの新製品OPUM/06のレポートを公開予定です!お楽しみに。
あの「ナチュラリズム」がSACDハイブリット盤になって遂にリリースされました!
スタジオミグミグの佐藤さん自らCDを持ってきてくれました。ご苦労様です。
070319sato2.jpg


とにかくたくさんの人に聴いて頂きたいです。10本のアコギを弾き分けてる所も聴き応えあります。簡単な試聴記は3/6のブログを見てください。今回は特別に私の作ったポスターをお見せしちゃいます。



ナチュラ3の準備も進んでいる?荒谷みつるさんを今後も応援しましょう!
実は次回作には何と、ZUのプロスタジオ特別仕様ケーブルでレコーディングされる予定です!米国からスタッフも駆けつけて新スタジオミグミグのチューニングが行われます!
経過は追ってご報告しますのでお楽しみに!ほんとにすごいんです!


ナチュラリズムのSACDはオーディオユニオンにはもう店頭に並んでいるみたいですよ。
音元出版主催の「オーディオ銘機賞2007」 ケーブル部門で見事銘機賞を受賞いたしました。
表彰状が届きましたのでご覧ください。





お陰様で売れ行きも好調です。ぜひ使ってみてください!
製品の詳細はこちら。
ずっとメモリーオーディオの話をしようと思ってたんですが、それどこじゃないです。たまごっちですよ!昨日たまたまサンシャインのトイザラスを通りかかったら何やら人が並んでるじゃないですか。どうやら新作たまごっち「エンたま」の発売日ということで並んで買ってる人たちでした。「ふーん」とやりすごし、しばらくして戻ると「今なら並ばずに買えマース」とか言ってるんで、覗いてみると確かに残ってる。子供らは欲しそうにしてましたが甘やかさずに買わないで帰りました。確かにレアものなんですよ。家で某オークションサイトを見ると、既に1万円の値段が付いてました。定価2,940円ですよ!さっきまとめて買ってくれば右から左で3倍以上!でもこんなことすると罰が当たりそうなので自分にはできません!

このたまごっちは当日入手出来なかったお父さんとかお母さんが買ってあげるんだなー。とか思うとそっちの方が複雑でした。

自分はオークションには不向きな人間の様です。でも欲しかったけど買えなかったCDやオーディオが当時より安く買えるのがオークションの魅力だと思います。ミュージックフィールドならそんな掘り出し物が見つかったりします。DYNAUDIO Audience80 っていうスピーカーは素直な音だし、トールボーイなので設置も比較的楽です。何より新品だとあまり値引きしないメーカーなのでお得だと思います!

出品者のaudiolabって山形の専門店なんですけど、ものすごく製品を大切にするお店です。買って安心だと思いますよ。修理工房もあって職人気質を感じます。

051124-2.jpg

オーディオショップの紹介も今後小出しでやって行きたいと思います。下はaudiolabの試聴室です。何だかゆったりしててつい長居しちゃうんですよね。ご存知の方もいると思いますが、バック工芸社のラックやスピーカースタンドはここのオリジナルなんですよ。

051124.jpg


メモリーオーディオの話は次回したいと思いますが、いい大人たちがメモリーオーディオを首から下げてるのを見ると、子供たちがたまごっちぶら下げてるのとダブって見えておもしろいです。
久しぶりにミグミグの佐藤さん、荒谷さんが遊びに来ました。
リリースを間近に控えた「ナチュラリズム」のSACDハイブリッド盤も聴かせて頂いたのでレポートします。



例によってお茶の水店3Fの試聴室を使用させて頂きました。
スピーカーはJBL EVEREST DD66000、Wilson Audio System 8でそれぞれ通常CDとSACDを比較試聴しました。
最初にJBLでSACDを再生。既発の通常CDに比べると、とんがった張り詰めた感がなくなりナチュラルな印象を受けました。あれっ?と思い通常CDに切り替えて聴いてみると..聴き慣れた弾ける音を再生しました。うん~。そしてもう一度SACDで同じフレーズを再生。なるほど! ここでやっと納得しました。

通常CDは指先で弾いている感覚や躍動感がありますが、SACDの方が格段にまろやかさと奥深さが増しています。オーディオ的に聴くとSACDの方が高音質と言えるのでしょうが、単にリスナーとして楽しもうと思った場合は、何とも言えません。楽曲と共に比較試聴して音の違いを楽しむことも提案したいCDです。

スピーカーによる音の違いはSystem 8の方がJBLよりシャープな印象を受けました。逆に低域の懐の深さはJBLに軍配が上がります。

写真はじっくりと試聴するプロデューサーの佐藤貢氏。再生するスピーカーによる音の違いを楽しんでました。(お茶の水店ではCD持参でいつでも試聴させてくれるので皆様もぜひお出かけください)



3/19(月)にリリースされます。ぜひ聴いて頂きたいCDです。

最近、飛鳥さんがご無沙汰ですが、何とおめでたです。ぜひ元気な子を産んでください!復帰したらまたイベントで素晴らしい演奏お願いしますね!お大事に。
本日、米国JBL社プレジデントのPAUL BENTE(ポール・ベンテ)氏が来社されました。
初めてお会いしましたがとても気さくで接し易い方でした。




日本国内におけるエベレストの初期需要の実績には満足されているとのことですが、今後の取り組みにも期待されていました。我々の使命は1人でも多くの方に素晴らしい音を聴いて頂くことだと思います。


メッセージを残すベンテ氏。


オーディオユニオンお茶の水ハイエンド館ならいつでもご試聴頂けます。



話は変わりますが、パシフィックオーディオが輸入しているSYMPOSIUMのオーディオボード、インシュレーターが最近評判です。使用例を公開しましたのでぜひ見てみてください!ボードは特注サイズのオーダーも可能ですからお気軽にお問合せください!
新しい年を迎えました。今年もよろしくお願いします!
早速、12/27に実施したASWイベントの模様をお伝えしましょう。

今回はオーディオユニオンの会議室を使用してイベントを試みました。LINNの最新モデル「MAJIKシリーズ」はかつてない優しい音色でASWを奏でました。スピーカーベースとインシュレーターを最初にセッティングしましたが、この部屋とシステムには無いほうが良好でしたので最終的には外しました。
  

荒谷みつる氏もこの日が仕事収めということで準備にも気合が入っています。ギターの解説の後、佐藤貢氏は今回新しい試みを行いました。荒谷氏のギターをその場で生録を行い、オンマイク、オフマイクで音の違いをASWで再生して確認しました。生き生きとした音色は生演奏に肉薄する素晴らしい物でした。
  


荒谷みつる氏には今回もSYMPOSIUMのオーディオボードに乗ってもらいました。音の響きが増し、艶っぽくなります。その後ゲストのsketchこと「益田洋」氏とのセッションが行われ、アンコールも行う盛況ぶりでした。
  


アンケートにお答え頂いた皆様、ありがとうございます。ご要望には出来る限りお応えして行きたいと思います。今後もぜひご参加をよろしくお願いします。
Template by Crow's nest