[63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53
過日、偶然にも同じ日に荒谷みつるさんと寺島靖国さんが会いに来てくれました。お二人ともアポなしでしたから緩い感じで話を聞いてると、新譜のプロモーションでした。

この暑いのにわざわざお越し頂いて、恐縮です。早速それぞれのCDをご紹介しましょう。

まずは荒谷さんの「ナチュラ3」です。このCDにはパシフィックオーディオも関係していて、レコーディング用のマイクケーブルにはZUの特注ケーブルが使用されているのです!1~2曲目と10曲目に使用されています。ジャケットにはクレジットも入れてくれました。嬉しいです。「ナチュラ3」をお聴きになる時はマイクケーブルによる音の違いも体感してみてください! 

レコーディング的には従来の尖った感じにまろやかさと奥行き感が加わった感じがあります。今回からStudio migmigは引っ越して部屋が広くなったのでその影響も多少感じます。
荒谷さんの演奏は、まず指先のしなりにゆとりを感じるというか、円熟味が増したなぁ。というのが第一印象でした。作曲面では相変わらず壮大な風景を彷彿させる爽やかさと、内に秘めた寂しさなんかも感じます。

気になるジャケットのイラストは「KENSEI YABUNO」さんによる物です。誰を描いたのかは荒谷さんも知らないそうですが、無国籍というか、不思議な魅力のあるイラストです。内側には1曲毎に荒谷さんによる解説も付いています。
同氏は荒谷さんと同郷の北海道出身で、「BECK」のCDのアートワークなんかも手掛けています。すごいですね。

ナチュラ3はSACDハイブリット盤で新発売! 蛇足ですが、ナチュラリズムシリーズはASWスピーカーでしか出ない音が収録されています。ぜひASWスピーカーで聴いてみてください。

   




続いては、久々に登場の寺島さんです。ここへ来る前にも何件か回ってきたとのことで、暑さと疲労でだらだらになっていました!「ここは落ち着くね」なんて言ってくれてちょっと嬉しかったです。

弊社DIWレーベルで「JAZZ BAR」シリーズをリリースして来ましたが、今回待望の「寺島レコード」レーベルによる第一弾が発売されます。オーディオファン向け、そしてオーディオショップの店頭でデモできる高音質なCDということで大変張り切っていました。1曲3分前後というのもデモに適していて良いですねぇ。
内容は寺島さんの発言そのものでしたのであえて何も言うことはありませんが、ほんとに生々しいです。何より寺島さんの思いがたっぷり詰め込まれた作品だなと思います。私はぜひデモに使わせて頂こうと思ってます。皆様もぜひ聴いてみてください。オススメです!
松尾明さんのalone together、詳細はこちら。

TYR1001.jpg


ということで、皆様お疲れ様でした。
Template by Crow's nest