[61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51
さて、naim ネイムはどんなスピーカーと組み合わせれば良いのでしょうか?
最近なかなか時間が取れず、駆け足試聴になってしまいましたが、早速ご報告します。

まずは関係者からもリクエストの多かったHarbeth HL-P3ES-2をNAIT5iとCD5iで鳴らします。予想より歯切れ良く、すっきりと鳴りました。このサイズなので音量が上がると苦しそうでしたが、ニアフィールドで解像度を重視する場合には良いと思います。予想に反して現代風って感じです。小型だと輸入が止まってしまいましたが、audio physic BRILONはずいぶん艶やかに鳴りました。お勧めです。

次に、B&W 804S。こちらは未発表のNAC122xとNAP150xで鳴らします。
こっ、これは、、 低域がぼよんぼよんですっ。スピーカーを直置きにしていたので慌ててボードを引っ張り出してきて敷いてみました。やはり試行錯誤は必要ですね。良い感じで鳴ってきました。左右の間隔は1m程度に狭めた方が定位は良好でした。
このサイズのスピーカーでも充分に鳴らす力があることは解かりましたが、低域がだらしなくなりがちです。これはNAP150xの個性で、駆動力と音の厚みが笑ってしまう位あるからです。中高域が出ているにも関わらず低域に打ち消されてしまうことは注意が必要です。更に低域に余計なノイズが乗ったり、共振したりするともう大変、最悪です。セッティングはタイトになりすぎる位の意気込みで望めば、たっぷりとした音に包まれます。NAP200はもっとすごいんです。これは面白いです。

  


ASW GENIUS300はNAIT5IとCD5iで鳴らしました。GENIUS100は未発表のCDX2とNAC202、NAP200です。これは鳴らし易いと思います。もともとASWは中高域にやや癖のあるスピーカーでその繊細な余韻が魅力なのですが、キツすぎるという方もいらっしゃいました。また、低域に関しては、このスタイルから想定できる様に、地を這う程の低域は出ませんでした。それがアンプの個性で上手い具合に中和されました。ASWやnaimの個性を生かし切る組み合わせとは言えませんが、出来上がった音色は大変好感触でした。(実際のセッティングはCDと電源はできるだけ離してください)

  


次に最新鋭の話題スピーカーを3機種。それぞれNAC202、NAP200です。まずは無謀にもavantgarde DUO。ブルーのホーンのスピーカーです。感想を先に言うと、素晴らしく楽しい、エキサイティングな音でした。但し、高能率ハイスピード型ですからあらゆるノイズも遺憾なく鳴らしてくれるので我慢できない方もいるでしょう。電源オン、オフのポップノイズも相当出ますが、ネイム社では問題無いと言ってます。高能率スピーカーを使う方はご認識ください。今の所ですが、躍動感NO.1です。

お次はKEF Model201/2。これも組み合わせてみたかったスピーカーです。傾向は前述のB&Wに似ています。まったりとした感じは好きな方にはたまらないでしょう。ゆったりとして心地良く、落ち着いた感じです。

次にFOSTEX G1300。スピーカーの素性の良さが解かる鳴りっぷりです。無難といえば無難な音ですが、それで片付かない透明感と言うかストレスの無いスピード感が再現されます。naimとの組み合わせでこんな風に鳴るスピーカーはそうは無いと思います。

最後に往年のJBL 4312Aではどうでしょうか?組み合わせはNAIT5iとCD5iです。直置きではやはりもやもやで辛いので、30cm程度の木製スタンドに乗せてみました。音色は前面に押し出してくる感じは無く、緩くて乾いた感じです。ピーターアースキンは抜群に良かったです。先程までの現代機と比較すると、渋みがありますね。意外でしたが後期モデルの4312MK2はnait2時代にはセットでよく売れていたそうです。

  


活躍したnaimの製品達を紹介しましょう。左の写真はセパレートのNAC202とNAC200です。既に旧モデルからお買い替え頂いた方もいらっしゃいます。右は未発表のNAC122XとNAP150Xです。
naimは多数のラインナップがあり、上級機種に変更すると音の違いがとても判り易いのが特徴です。一回聴いてしまうと、上級機が欲しくなってしまうんですねぇ。

  


今後も色々なスピーカーを試してみますが、どれがいいの?と言うよりどんな音で鳴らしたいの?って考える方が良いと思います。今回はアクセサリーに拘る所までやりませんでしたが、その辺はまた次回。

取材は一部オーディオユニオンの店頭を使用させて頂きました。ありがとうございました。

ではでは。
Template by Crow's nest