[53]  [52]  [51]  [49]  [7]  [50]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44
久しぶりにミグミグの佐藤さん、荒谷さんが遊びに来ました。
リリースを間近に控えた「ナチュラリズム」のSACDハイブリッド盤も聴かせて頂いたのでレポートします。



例によってお茶の水店3Fの試聴室を使用させて頂きました。
スピーカーはJBL EVEREST DD66000、Wilson Audio System 8でそれぞれ通常CDとSACDを比較試聴しました。
最初にJBLでSACDを再生。既発の通常CDに比べると、とんがった張り詰めた感がなくなりナチュラルな印象を受けました。あれっ?と思い通常CDに切り替えて聴いてみると..聴き慣れた弾ける音を再生しました。うん~。そしてもう一度SACDで同じフレーズを再生。なるほど! ここでやっと納得しました。

通常CDは指先で弾いている感覚や躍動感がありますが、SACDの方が格段にまろやかさと奥深さが増しています。オーディオ的に聴くとSACDの方が高音質と言えるのでしょうが、単にリスナーとして楽しもうと思った場合は、何とも言えません。楽曲と共に比較試聴して音の違いを楽しむことも提案したいCDです。

スピーカーによる音の違いはSystem 8の方がJBLよりシャープな印象を受けました。逆に低域の懐の深さはJBLに軍配が上がります。

写真はじっくりと試聴するプロデューサーの佐藤貢氏。再生するスピーカーによる音の違いを楽しんでました。(お茶の水店ではCD持参でいつでも試聴させてくれるので皆様もぜひお出かけください)



3/19(月)にリリースされます。ぜひ聴いて頂きたいCDです。

最近、飛鳥さんがご無沙汰ですが、何とおめでたです。ぜひ元気な子を産んでください!復帰したらまたイベントで素晴らしい演奏お願いしますね!お大事に。
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Template by Crow's nest