[44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34
最近は「月イチ更新なの?」とかイヤミを言われ続けていますが、気を取り直して本題に行きます。
10/28(土)、久々にミグミグと合同イベントです!しかもDENONさんも合同です!更新をサボってる代わりに写真を増量サービスで解説しましよう!

今回のベストショット!リハ中の荒谷みつるさん。頭の中ではきっと「あ~腹減った」とか考えているに違いありません。隣はプロデューサー兼エンジニアの佐藤貢さん。結局みんなでお昼食べたのは5時過ぎでした。(写真はちょっと渋めの色にしておきました)
  

続いてリハ中の阿部飛鳥さんと荒谷みつるさん。フルートの生音を始めて目の前で体験した私は本当に驚いてしまいました。こんなに柔らかくて深い音が出るとは思いませんでした。低音も良く出ています。今日はもうこれだけで充分!っと思ってしまいました。右側は本番中です。笑顔を装っていますが飛鳥さん曰く結構緊張したそうです。
  

オーディオはまずDENONの中村さんの解説です。製品説明は解かりやすく、皆さん熱心に耳を傾けていました。アンケートでも同社製品の注目度の高さが伺えました。右は解説中の筆者。ASW GENIUS300を目的で来て頂いた方も多く、感謝です。今回は生演奏を控えていたので技術的な解説は少なくし、とにかく音楽を楽しんで頂きました。スピーカーはスパイクを付けた状態でカーペットにそのまま設置しました。部屋の環境はちょっと低域がこもるボコボコした感じだったので対策したかったのですが、ちょっと時間が足りませんでした。
  

今回のもう一つの発見は佐藤さんが持ち込んだ、マルチ音源の素晴らしさです。CDに記録された媒体より当然音は良いと予測はしていましたが、物凄い説得力がありました。主にセンターはフルート、左右2chがギター、リアでエコー成分とパーカッション類という感じでした。この生々しい音は他では聴けません!佐藤さん、すごい!

さあ、お待ちかねの生演奏です。予告通りマイクを使用しない完全な生演奏です。この広さですから音量的には問題ありませんでした。フルートとギターのバランスは心配していましたが、違和感無く聴けました。この規模であれば、断然生音がいいですね。ただし、演奏中は余計な音を出さない為にエアコンはストップ、蛍光灯も最小限です。
  

会場に設置したASWコーナー。手前はこの冬発売予定の新製品ASW 「OPUS-M/06」詳細はまた後日。右側はおまけでNachu「雲の上はいつも青空」の次回プレス分に同封されるASWの広告写真です。この二人はいつも穏やかな感じがしますよね。

  

イベント関係者の皆様、本当にお疲れ様でした。今回来れなかった方、本当に残念です。貴重な体験を逃しましたねぇ!次はぜひぜひお越しください!
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Template by Crow's nest